歯周病治療の内容について

バナー

歯周病治療の内容について

歯周病とは、日本において歯を失う最大の原因となっている病気です。

プラークと呼ばれる細菌の塊が歯茎に侵入することで歯の周りの骨が溶けてしまい、歯が動くなど不安定な状態となって最終的には抜けてしまいます。

初期症状がほとんど無いために、発見が遅れて症状が進行してしまう例が多く見られます。



加齢とともに免疫力が衰え、プラークへの抵抗力が下がるので高齢者で特に発症しやすく、溶かされてしまった骨は外科的処置で回復させる必要があります。歯周病治療の中心となるのは、プラークのコントロールです。



歯ブラシやデンタルフロスなどを使用してプラークを歯に付けないようにコントロールします。

プラークは毎日口の中で発生し続けるため、これをとり続けることが歯周病治療にとって重要です。

プラークと唾液が結びつくと、軽石のような歯石が歯の周りに付いてしまうことがあります。
これは歯ブラシではとることができず、また歯石にも細菌は繁殖しています。

そのため超音波で歯石を砕き、歯石ごと細菌を取り除くスケーリングも歯周病治療として有効です。



歯と歯茎の間に大きな歯周ポケットが出来てしまっている場合には、奥にまで付いてしまった歯石をとるために歯茎を切開する外科治療も行われます。


また同時に歯茎の骨の整形も行って歯周ポケットの改善も図ります。


歯の周りの骨が大きく減少している場合には、人工骨や特殊タンパク質などを用いて骨を再生させる再生療法も行われます。